コーヒーが美味しいから飲んでるわけじゃないって話

コーヒー

単刀直入に言えば僕はコーヒーが美味しいとは思ってない

むしろあんまり美味しくないんじゃないかとすら思う

だが好きである。

では何故その味を好ましく思わないにも関わらず高い金を払い良質な豆を買い求め、ブログに記事を書くほどにコーヒーが好きなのか?

ここで僕のコーヒーに対するスタンスをはっきりさせよう。

スポンサーリンク

1.「美味しいコーヒーが好き!」というのはコーヒーの味が好きということなのか?

「美味しいコーヒーが好きなんです!」

という話を聞くたびに思うことがある。

「それってコーヒーの味が好きなんすか?美味しいものが好きなんすか?」

ということだ。

そら美味しいものは誰だって好きである。

美味しいコーヒーは大好きである。だって美味しいから。

例えば僕はアルコール全般が好きではない。

しかし、上質なワインや日本酒であれば美味しいと思う。

果たしてそんな僕は「酒好き」なのだろうか?

答えはNOだ。実際に好きであると思ったことはないし自称する気もない。

人類の言語から味に関する語彙が消失して食物の形容詞が3つになったと仮定しよう。仮ぶりがすごい。

「美味しい」「普通(美味しくも不味くもない)」「不味い」に。

ちなみにこれはある特定の食物に個人的な嗜好を含まず客観的に3つに分けた場合の話だ。

「何か特定の食物の味が好き」ということは「普通」の「それ」が「美味しい」と感じる、最悪「不味い」「それ」ですら「美味しい」と感じることだろう

翻ってコーヒーの味に対する僕の考え方はどうだろう。

僕は美味しいコーヒーを飲んだらもちろん「美味しい」と思う。

ただいわゆる一般的な「普通」のコーヒーを飲んだら、「まあ普通の味だな」と思う。

「不味い」コーヒーを飲んだら、「不味い」と思う。こんなもので一日のコーヒーチャンスを不意にしたのか、と憤るだろう。

つまり僕はコーヒーの味が好きではないが嫌いでもない

味の感じ方はいたってニュートラルだ。

じゃあなんで味がそんなに好きでもないコーヒーの虜になっているのだろうか。

2.好きな理由①おしゃれである

そう、おしゃれなのである。

モダンなコーヒーショップで、無骨な金属むき出しの座面を持つやけに高さのある椅子に座り、テイクアウト用のカップを店内で傾ける姿。

おしゃれである。

豆を挽くためだけの機能を洗練した数万円するコーヒーミルがキッチンの隅に置かれている様。

おしゃれである。

コーヒー豆の詰められたガラス瓶がずらりと並ぶDIYで作成された木製の棚。そんなに買いだめして鮮度は大丈夫かと気になるほどに、おしゃれである。

休日になにしてるか聞かれて、コーヒー淹れてます、あるいは行きつけのコーヒーショップに行ってますと答えるのもよい。

様々な抽出器具を買いそろえ、結局ペーパードリップしかしなくなるが、無駄にディスプレイするのもよいだろう。

コーヒー業界の戦略なのだろうか、コーヒーには洗練されたモダンな社会の象徴のようなイメージがついて回る。

するとまるでそれを好んでいる自分がおしゃれになったような感覚に陥るのだ。

これは決して悪いことじゃない、むしろ素晴らしい。

人間はネガティブな生き物であり、ほっとけば自己肯定感は下がる一方だ。

だが偽りにしろ思い込みにしろ、自らをセンスのあるおしゃれな人間だと思わせる何かは人生にとって必要だ。

そうしてメンタルも安定して、穏やかに日々を過ごせるのだ。

3.好きな理由②健康に良い

以前、コーヒーが睡眠に悪影響を与えているぞ!という記事を書いた。

【悲報】ぐっすり寝たいなら1日1杯であってもコーヒーは飲むべきじゃない
コーヒーを飲むと目が覚めるのは周知の事実である。もちろんコーヒー好きの皆様はそのことを踏まえ、 午後2時以降はコーヒーを飲まない 1日のカフェイン摂取量は400mg以内に抑える等に気を使っていることだろう。しかし、ここ...

なんだかまるでコーヒーが悪であるかのような書きぶりであるが、実際そんなことはない。

どんなものにも良い面と悪い面があり、良い面が悪い面を圧倒するのであればそれは良いものだ。

コーヒーにも睡眠の質を害するという悪い面があるが、それを補ってあまりある良い面、メリットがある

僕はラーメンが好きだったり、趣味がもっぱらインドアなので、健康を保つなにかをしなければ孤独死まっしぐらなので、反動で健康オタクになっている。

そんな健康オタクの僕にとって最強の健康飲料であるコーヒーは人生に欠かせない。

コーヒーのメリットを列挙してみよう。

  • 集中力、記憶力、作業パフォーマンスの向上
  • 脳卒中や糖尿病などの生活習慣病の発生リスクの軽減
  • 善玉腸内細菌の餌となるポリフェノールを大量に含んでいる。
  • 発熱性が高いので脂肪を減少させる。
  • 抗酸化作用

もはやドラッグだ。

実際コーヒーに多量に含まれるカフェインは向精神性の薬物といってもよい。

実際蜘蛛はコーヒー(カフェイン)を摂取すると、LSDやSpeedなどの違法薬物よりも錯乱してめちゃくちゃな巣を作る。

【クモにカフェイン】【猫にマタタビ】そして「総動員体制時代」から「個人の時代」への移行期の暗黒面 - 諸概念の迷宮(Things got frantic)
吉田秋生「河よりも長くゆるやかに(1983年〜1985年)」における「ナマコを最初に食った奴と尻の穴に突っ込んだ奴は偉い」というセリフを思い出しました。何事にも最初はある… クモに麻薬などを与えて巣を作らせた画像カフェインやばくね?(;・∀・) pic.twitter.com/Ky4US6ntm2 — sakamobi...

そんなゲキレツな薬物を合法的に摂取できる幸せに感謝だ。

とにかくコーヒーは最強の健康飲料だ。

超有名ブログ「パレオな男」にも、たびたびコーヒーが健康に良いという実験結果をまとめた記事が投稿されている。

が、何事も多量にとりすぎるのは良くない

一般的な限度は一日にカフェイン600㎎(諸説ある)なので240mlを6杯といったところだ。

しかし、そんなに飲んだら僕のように内向的な人間はカフェイン受容能力が高すぎて逆に精神に不調をきたしてしまう。

なので僕は一日に300mlをマグカップで午前中に一杯だけ飲むようにしている。

カフェインを大量に摂取した状態でスプラトゥーンを行うと、惨敗した際の破壊衝動が3倍に膨れ上がる。ゲーマーの皆様にも気を付けていただきたい。

4.結局コーヒーは飲み物の一つに過ぎない

コーヒーっていうのはどこまで行っても単なる飲み物に過ぎない

僕らは水分を接種しないと生きていけない。

物質的に豊かな現代において、飲み物の選択肢もまた非常にバラエティに富んでいる。

コーヒーはその中から選ばれる一つの選択肢にすぎない。

僕は上述したおしゃれな雰囲気や健康効果に魅力を感じたから、常飲する飲み物にコーヒーを選択した。

味が好きではないから、できるだけ美味しく飲もうと思うので、豆にもこだわるし、抽出方法にもこだわる。

もし僕が「味の好み」を重視するならコーヒーは選ばない。

コーラやカルピス、紅茶、緑茶の方が味としては好きだ。

だから今後もこのブログではカッピングして味を表現する、などということはあまりしないつもりだ。

もちろん、一般的な「美味しい」とか「苦い」「酸味が強い」などの表現はする。

しかし国際基準のスコアに準ずるような味の表現はしない、というかできない。味に思い入れがあまりないから。

結局、僕にとってコーヒーとは

味は普通だけどメリットが大きいしおしゃれだからスキ♡な飲み物」

ってことだ。

コーヒー好きの方々、どうかこんな僕を嫌いにならないでいただきたい。

コメント